すでに会員の方

メールアドレスを入力してください

パスワードを入力してください

会員登録はこちら

パスワード忘れた方はこちら

閉じる

頭から尻尾まで丸ごと食べられる! 鮎の焼きびたし

今週のシェフ:「悠久山栄養調理専門学校」 松井晴美先生

材料

(4人前)

8尾(小)
1~1.5カップ
佐渡情話
大さじ4
みりん
大さじ2
根生姜
一かけ
ミョウガ
2~3


(A)

大さじ2
佐渡情話
小さじ1

作り方

頭から尻尾まで丸ごと食べられる! 鮎の焼きびたし 作り方頭から尻尾まで丸ごと食べられる! 鮎の焼きびたし 作り方
    じっくり煮詰めて甘露煮風に仕上げます。
  1. 鮎は洗って、グリルか焼き網を使って表面をサッと焼く。
  2. 底の広い鍋に酒を入れ、火にかけてアルコールを飛ばし、佐渡情話を加え、?の鮎がなるべく重ならないように並べ、生姜の薄切り2~3枚をのせて中火にかける。
  3. 汁が少なくなったら酒か水を足し、汁が鮎にかぶる程度に保ちながら、鮎を動かさずに弱火で30分程度煮る。
  4. みりんを加え、汁気がなくなるまで煮詰める。
  5. ミョウガは薄く千切りにし、Aと混ぜ合わせておく。

ここがポイント!

こんがり焼色の付いた鮎は煮崩れしにくく、美味しくキレイに仕上がります。しかも弱火でじっくり煮込むので、冷蔵庫で一週間ほど保存OK!。

この料理にはこのお酒

越の初梅 雪中貯蔵酒 純米大吟醸生原酒 お酒

深雪がじっくりと育んだ生酒
季節限定“雪の贈りもの”をご賞味あれ!
越の初梅 雪中貯蔵酒
純米大吟醸生原酒
高の井酒造(小千谷市)500ml/2615円

 

昭和62年の冬、日本で初めて雪中に貯蔵タンクごと埋め込む本格的な“雪中貯蔵酒”にチャレンジしたのが、この『高の井酒造』。約5メートルもの雪の中で100日間もじっくりと熟成させた酒は、フルーティーで透き通った爽やかな風味の中に飲み応えのある深い味わいが生まれます。真冬に仕込んだ旨酒を、真夏に楽しむというのも乙なもの。豪雪地帯ならではのお酒をどうぞ。

関連商品

佐渡情話 360ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 360ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

360ml

MORE

佐渡情話 720ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 720ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

720ml

MORE