すでに会員の方

メールアドレスを入力してください

パスワードを入力してください

会員登録はこちら

パスワード忘れた方はこちら

閉じる

鯛とタケノコのグリル 2種のディップ添え

今週のシェフ:「悠久山栄養調理専門学校」松井晴美先生

材料

(4人前)

【鯛とタケノコのグリル】

60~70gの切り身 4切れ
タケノコ
100g

(皮付き600g程度のものを1本用意する)

ほうれん草
200g
グリーンアスパラ
2本(30g)
オリーブオイル
大さじ1
ホワイトペッパー・塩
少々


【ディップ1】

アボカド
半個
レモン汁
大さじ1
佐渡情話
大さじ1


【ディップ2】

クリームチーズ
50g
白ワイン
大さじ1
佐渡情話
大さじ1

作り方

鯛とタケノコのグリル 2種のディップ添え 作り方鯛とタケノコのグリル 2種のディップ添え 作り方
  1. 鯛は1切れを削ぎ切りで2等分し、塩とホワイトペッパーで下味をつける
  2. タケノコは表面の皮だけを取り除き、縦に2~4ヵ所切れ目を入れ、250℃のオーブンで20分蒸し焼きにする。
  3. ほうれん草とグリーンアスパラは塩を加えた熱湯でさっとゆで、食べやすい大きさに切っておく。
  4. アボガド半個にレモン汁、佐渡情話を加え、スプーンを使ってつぶしながら混ぜる。クリームチーズを耐熱性の器に入れ、佐渡情話、白ワインを加え、ラップをして電子レンジに30秒かけ、混ぜる。
  5. フライパンにオリーブオイルを入れ、1の鯛を焼く。
  6. 焼けたら鯛を器に移し、残りの油で3の野菜を軽くソテーする。
  7. 2のタケノコは皮をむき、縦半分に切り、穂先と根元を除き、縦に薄切りにする(1人2~3枚)。
  8. 皿に6のほうれん草を敷き、筍と鯛を盛り、上にアスパラを乗せ、4のディップを添える。

ここがポイント!

鯛とタケノコのグリル 2種のディップ添え ポイント

鯛とタケノコは今が旬。シンプルに焼き上げた季節の味覚を、チーズとアボカドのディップで召し上がれ! 彩りも美しいオシャレな一皿は、パーティー料理にもピッタリです。

この料理にはこのお酒

長岡ウイスキーナイト お酒

平成堂では、サントリー様のご協力もあり長岡ウイスキーナイトを開催いたしました。チーフブレンダーをお呼びしてのイベント、100名を超える方に参加いただきました。当日はなかなか飲めないレアなウイスキーも登場し、お客様も大満足でした。

関連商品

佐渡情話 360ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 360ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

360ml

MORE

佐渡情話 720ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 720ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

720ml

MORE