すでに会員の方

メールアドレスを入力してください

パスワードを入力してください

会員登録はこちら

パスワード忘れた方はこちら

閉じる

中華料理の定番 八宝菜

今週のシェフ:「悠久山栄養調理専門学校」 松井晴美先生

材料

(4人前)

豚肉(薄切り)
100g 
海老
12尾
イカ
80g(1/2杯)
白菜
200g
シイタケ(生)
4枚
タケノコ
100g
絹さや
30g
ニンジン
80g
うずら卵(水煮)
8個
キクラゲ
20g
長ネギ
50g
生姜
30g
サラダ油
大さじ2


(A)

佐渡情話
小さじ1
小さじ1


(B)

佐渡情話
小さじ2
大さじ1

鶏がらスープの素

(チキンコンソメ)
大さじ1
2カップ


(C)

片栗粉
大さじ1
大さじ2

作り方

  1. 長ネギ、生姜をみじん切りにする。
  2. イカの皮をむき、斜めに格子状の切れ目を入れる。海老は皮をむいて背ワタを取り除く。
  3. 豚肉は一口大に切り、Aで下味をつけておく。キクラゲは水で戻してから、一口大に切る。
  4. 白菜は、葉と白い部分に分け、短冊(3×1.5cm位)に切る。シイタケは石づきを取り、タケノコ、ニンジンともに、白菜と同様に切る。絹さやは筋を取る。イカは野菜より少し大きめに切る。
  5. 中華鍋を中火にかけ、サラダ油を入れ、1を加え、香りが出てきたら豚肉を入れ炒める。
  6. 豚肉に火が通ったら、硬い野菜から順に加え、海老、イカを加え強火でサッと炒める。Bを加え、ひと煮立ちしたらCを加え、軽く混ぜてできあがり。

ここがポイント!

一番のポイントは、野菜や魚介などをすべて同じ大きさに切り揃えておくこと。さらに、野菜のシャキシャキ感を残すには、炒め過ぎないように注意が必要です。できあがった八宝菜は、中華丼や、あんかけ焼きそばにしてもGOOD!

この料理にはこのお酒

ユメ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ お酒

若者たちの未来に夢を託して… トスカーナの風が育む赤ワイン。
ユメ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
750ml/2800円

ワイン王国イタリアが誇る由緒正しいDOCワイン。日本語の響きが美しいという理由から選ばれた“ユメ(夢)”という名前には、ドラッグ中毒に陥った若者たちの更正への願いが込められています。ビロードのような口当たりに、完熟したブラックベリーやスパイスの芳香漂う、フルボディタイプの食事に最適な“VINO ROSSO(赤ワイン)”です。

関連商品

佐渡情話 360ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 360ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

360ml

MORE

佐渡情話 720ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 720ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

720ml

MORE