すでに会員の方

メールアドレスを入力してください

パスワードを入力してください

会員登録はこちら

パスワード忘れた方はこちら

閉じる

冬の味覚! 牡蠣とホウレン草のスパゲティ

今週のシェフ:「悠久山栄養調理専門学校」 松井晴美先生

材料

(4人前)

牡蠣
20粒
ホウレン草
1把
玉ネギ
1/4個
エノキ
1パック
シメジ
1パック
エビ(無頭長さ5cm位の小エビ)
8尾
スパゲティー(1.6mm)
320g
佐渡情話
大さじ3杯
白ワイン
100cc
バター
30g
塩・コショウ
適量

作り方

冬の味覚! 牡蠣とホウレン草のスパゲティ 作り方冬の味覚! 牡蠣とホウレン草のスパゲティ 作り方
  1. エビは背わたを取り、塩を入れた湯でボイルして皮をむく。
  2. ホウレン草は洗って塩を入れた湯でボイルし、冷水にサッとさらして水気を良く切り、適当な長さに切っておく。
  3. 牡蠣はザルにあけて塩をふり、水を張ったボールに入れ、身をくずさない様に洗っておく。
  4. エノキとシメジは、ほぐして食べやすい大きさにしておく。
  5. 片手鍋に玉ネギのみじん切りと?、白ワインを入れ、ふたをして蒸し煮する。牡蠣は7分目程度に火が通ったらザルにあけ、残った煮汁を半分位まで煮詰める。
  6. 深鍋に水3?を入れ、大さじ2弱(1%)の塩を入れて沸かし、スパゲティーを硬めに茹でる(アルデンテ)。
  7. 大きめの鍋にバターを入れ、エノキ・シメジ・ホウレン草を炒め、軽く塩・コショウしたら、スパゲティーとその煮汁100ccを入れて混ぜ、佐渡情話と?の牡蠣の煮汁を加え、さらに良く混ぜる。
  8. ?を皿に盛り、スライスしたエビを飾ってできあがり

ここがポイント!

スパゲティーはたっぷりの湯で茹でること。そして茹で加減は、もちろん“アルデンテ”。目安としては、スパゲティーの真ん中に髪の毛1本分の芯が残るくらいとされています。その芯にソースが染み込み、美味しいパスタが仕上がります。

この料理にはこのお酒

クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ ヴィトー・アルベルティ お酒

シャンパーニュに匹敵する発泡ワイン お手頃“ロゼ”は味も香りも本格派!
クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ
ヴィトー・アルベルティ
750ml/2800円

「クレマン」と呼ばれる発泡ワインをご存知ですか?ブルゴーニュ産の極めて質の高いスパークリングワインの別称で、発泡ワインの代名詞“シャンパーニュ(シャンパン)”と同じ製法で造られることでも有名です。和食との相性も抜群で、アペリティフとしても最高。ただ甘いだけの“ロゼ”は苦手という方、ぜひ一度お試しを!

関連商品

佐渡情話 360ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 360ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

360ml

MORE

佐渡情話 720ml

飛魚だしつゆ

佐渡情話 720ml

上品で深みのある最高級の飛魚だしが料理の幅を広げます。飛魚だしであなたも料理名人!

720ml

MORE